青の花茶効果情報

青の花茶効果について

整腸作用に美容効果などで大人気のハーブティー!女性にとっては便秘解消や冷え症対策に飲んでいる方も多いと思います。美味しいし香りもとっても良いですよね♪

そんなハーブティーですが「“青色”がある」ってご存知ですか?見た目も宝石みたいに綺麗なのに、なんと高い抗酸化作用と眼精疲労に凄く良いんですって♪鮮やかだしSNS映えもバッチリですね。

女性はストレス太りしやすい?
「甘い物食べないようにしてるのに痩せない」それは“ストレス”がダイエットの障害となっている可能性があります。

・甘い物を食べられない
・好きな物を食べられない
・運動をしても結果が出ない
女性は特にまわりの目が気になって、自分の許容量以上に頑張り過ぎてしまう傾向にあるそうです。イライラして家族や物に当たっていませんか?顔に吹き出物ができたり、メイクがなかなか決まらない、ストレスは美容面においても悪影響を及ぼしてきます。

そんな時は“ハーブティー”を一口飲んでみてください!爽やかな香りで心を落ち着かせてくれて、ほんのり甘い味が心の奥からホッと癒してくれます。

【調整中です】

青の花茶販売サイトへ

青の花茶の効果と特長

ここからは青の花茶の特長について紹介したいと思います。

1.3つのゼロなのに美味しい
青の花茶はダイエット中の女性でも安心して飲める「ノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェイン」のハーブティーです。砂糖0なのにほんのり甘くて「甘いのが食べられないストレス」もどっかに行っちゃいます♪

ハーブティーが苦手な方でも、口の残るような渋みもなく、飲み口すっきりで後を引かないので不快感は残りません。子供でも美味しく飲めますよ♪さらに3フリーだから妊婦さんや妊活中でも大丈夫。甘いのが食べれない妊娠期でもガブっと飲んじゃってください。

2.バタフライピーを配合
青の花茶のメイン成分であり、あの鮮やかな青色を作っているのが「バタフライピー」という青色ハーブです。なんとハーブながらアントシアニンはブルーベリーの約4.2倍も含まれていて、美容大国タイでは『美人茶』として知られています。

この綺麗な「オリエンタルブルー」は着色料や添加物を一切使っていない証拠!天然の花の色のまま“青色”がお湯に溶けています。見て安全とわかるのは嬉しいポイントですね。

3.ダイエットに強い4種
主成分はバタフライピーですが、青の花茶には女性のダイエットを手伝ってくれるハーブがたくさん含まれています。

@甜茶
甜茶は、砂糖の75〜100倍もの甘さを保有したハーブです。
ダイエット中だからこそどうしても甘い物欲しくなりますよね?でも砂糖を使ったお菓子は食べられない…。それにハーブティーの渋みが苦手な方も多いと思います。でも安心してください!甜茶は、砂糖と違い体に蓄積せず太る心配なし、しかも天然の甘さだから後口すっきりいただけます。

Aアマチャヅル
緑茶と同等の「サポニン」を含んでいます。
サポニンは、巡りを整え溜めこまない体へサポートします。便秘気の方でも自然と腸を活発化させてくれるので負担はありません。

Bラフマ
有名なストレス対策成分です。
ダイエットにはイライラストレスがつきものです。しかしストレスは肌荒れや過食を促進される原因であり、ダイエット失敗の要因と考えられています。ストレスフリーで望めるから楽しくダイエットができますよ♪

Cメグリスノキ
名前から分かるように『巡り』サポートしてくれます。
日本にだけ自生する私たち日本人に合う植物のひとつ!樹皮から葉まで健康成分がぎっしり詰まっていて、毒素を出すデトックスを促してくれます。

【調整中です】

★実際に試してみた!
紅茶好きということもあり、実際に青色のハーブティー【青の花茶】を試してみることにしました。

取り出してみると「ほんのり花の匂い」が広がりました。とはいっても、微香で花をティーパックに近づけないとわからないくらいです。私はよく紅茶を飲むのですが、青の花茶には糸がついていません。「どうやってつけるの?!」と焦りましたが、よくよく見ると“つけ置きの様な感じ”で淹れていくようです。まるで麦茶みたいな淹れ方ですね…。

ハーブティーで一番気になるのは香りです。淹れる前は“わずかに花の様な香り”でしたが、実際に淹れてみると「新品の畳の様な香り」・・・。イメージとしては牧草みたいであまり美味しくなさそうです。

飲むと「ほんのり甘みがある」くらいの優しい甘さです。飲み始めは「味なしなの?」とも思いましたが、後に甘いのがやってきました。砂糖不使用だからか尾を引くような甘ったるさはなく、スッキリ飲めていけますね♪見た目に若干抵抗感がありましたが、飲んでみるとスッゴク美味しいです。

「レモンをちょい足しすると面白い」という口コミがあったのでやってみましたが、なんと紫色になりました!?ビックリです(笑)さらに時間が経つとピンクっぽくなったきましたよ♪これはおしゃれで綺麗ですね。ほんのちょっと入れただけなので特に味に変化はありませんでしたが、同じものを飲んでいるとちょっと飽きてくるし、友達に手品と言って遊べそうです。

※ちなみに後にわかりましたが、《名探偵コナン》にも登場して話題となったそうですよ。

★おすすめアレンジ
青の花茶ゼリー

天然成分のみだからこんなことも出来ちゃいます♪ハーブティーだけだとお腹も減るし、口寂しいのでぜひチャレンジしてください。美味しいですよ♪

〈材料〉
・青の花茶…300ml
・砂糖(低カロリー)…30g
・ゼラチン…5g
・お湯…大さじ1.5〜2杯

下準備として、ゼラチンとお湯を混ぜ合わせておき、ゼラチンを十分にふやかしておきます。ゼラチンがしっかりふやけたら、玉にならないように少量ずつ青の花茶を加え、全部加え終へたら砂糖を入れてしばらく置いてあら熱をとります。ある程度あら熱がとれたら適した大きさの容器に注ぎ、冷蔵庫で2〜3時間ほど冷やせば完成です。ちなみに、上記分量で作るとゼリーののど越しを追求した若干柔らかめの食感になりますので、固めが好きな方はゼラチンを少し増やしてみると良いかと思います。

また、カロリー調整に余裕があれば、生クリームやみつ豆なんかをトッピングしても美味しいですよ♪さらに牛乳や豆乳で割ったものを使うと、めっちゃ舌触りの良い牛乳(豆乳)プリンになります♪

【調整中です】

▼カロリー0
ノンシュガーなのでダイエット中でも安心です。3フリーですので妊婦さんや子供でも安心して飲むことができます。

▼お得キャンペーン
初回82%OFF
特別価格:980円(税抜)

・送料無料
・初回4.700円お得
・ずっと19%off
・30日間返金保証

定期コースを利用すると以上の特典が付きます。まずはお試ししたいという方は単品購入5.680円をご利用ください。

▼解約について
最低4回のお約束が必要です。初回含めて4回となりますのでご注意ください。

【調整中です】

青の花茶の口コミ

【調整中です】

  • H.Oさん(20代後半)
  • 満足度:★★★★★5
    「気になってた蝶豆がブレンドされてて、カロリーゼロなのに甘いなんて他に見たこと無かったので、すぐに購入しました。マイボトルで持ち歩いて間食がわりにしてたら、甘くて満足感があるのでストレス無くダイエットできてます!」

  • T.Mさん(40代前半)
  • 満足度:★★★★☆4
    「美味しい事が分かっていると、お茶を淹れた時の鮮やかなオリエンタルブルーが見た目にも綺麗でリラックス出来ますね。パックをボトルなどに入れたまま持ち歩いても、味が変わらず苦味が出ないのも良いところだと思います。」

  • U.Sさん(30代前半)
  • 満足度:★★★★★5
    「夜のリラックスタイムの飲み物を青の花茶に切り替えてから、朝のお通じが快調に!美味しいし、おやつが無くても苦にならないし、ノンカフェインなのでよく眠れ、肌トラブルも消えて、イイ事尽くめですよ〜!」

  • E.Kさん(30代後半)
  • 満足度:★★★★★5
    「青の花茶を毎日飲んでいただけで、特別に運動や食事制限などもしていなかったのですが、2ヶ月で4キロの減量に成功しました。いつもホットでいただいていると、飲んだ後から身体がぽかぽかしてきて、身体中に血が巡っているのが分かります。しかもぽかぽかがかなり長続きするので、寒い日に飲むのも良いですね。」

  • N.Aさん(20代前半)
  • 満足度:★★★★☆4
    「食事中でも邪魔しないスッキリとした甘さですが、綺麗な青色が視覚で自然と食欲減退するので食べ過ぎ防止にもなってます。ダイエットで無理してる感じもなく、するする2キロ痩せました♪」

青の花茶販売サイトへ

このページでは、サイト訪問者の方々が、安い価格、料金で通販やお申込みができるように、楽天などのお店の販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイントは?値引きは?返金、返金保証、保障は?などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CM、広告や雑誌などを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服装方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、メリット、デメリット、副作用など、ケースによっては、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうかYouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。

内臓脂肪の役割